性病治療薬の種類と効果

性病とはSTD(Sexually Transmitted Diseases)とも呼ばれており、主に性行為によって感染する病気です。
最近はオーラルセックスやアナルセックスなど性行為の多様化などから感染者数が増えています。
性病には尖圭コンジローマやヘルペスのように見た目にはっきりと表れるものから、クラミジアや淋病のように自覚症状が出ないことが多いものの放っておくと不妊症などの事態につながるものまであり、性病治療薬の種類も様々あります。
ジスロマックやミノマイシン、クラビットなどの抗菌剤や抗生物質は淋病やクラミジアなどの細菌感染症に使用します。
特にジスロマックは性病治療薬として優れた薬で、一回の服用で一週間ほど効果が続き、その間にクラミジアは90%治るというデータがあり、特に淋病とクラミジアに同時に感染している場合は最もよく使用されます。
ただし、最近では薬剤耐性淋菌が出現しており、これらの性病治療薬が全く効かないケースもあるため、その場合は医師と相談する必要があります。
単純ヘルペスウイルス(HSV)に感染して水ぶくれやブツブツができる性器ヘルペスには抗ウイルス剤を使います。
内服薬のビルヘキサル、バルトレックス、塗り薬のビルヘキサルクリームなどがあります。
ヘルペスは体力が落ちるなどして再発する可能性が非常に高いことが特徴で何回も再発するという場合はバルトレックスを服用することで予防効果が得られます。
ヒトパピローマウイルスが感染しておこる尖圭コンジロームは性器や肛門周辺にイボができる病気で、病院で液体窒素で凍らせたり、レーザー光線を照射したりすることで焼いて治療することもありますが、ベセルナクリームなどの性病治療薬を使用することで自宅でも治療できます。

■性病に対して優れた効果を発揮
ジスロマックを通販で入手
■性病より恐ろしい
HIVの検査は大切です